地主神社(じしゅじんじゃ)

2021年7月15日神社

地主神社(じしゅじんじゃ)
2021.7

所在地:滋賀県大津市葛川坊村町116
祭神:国常立命(くにとこたちのみこと)
この地の地主神である思古淵明神(しこぶちみょうじん)も祀られている。
思古淵・・・安曇川(あどがわ)流域に多く祀られる神。この地域の開拓の祖神であり水の神として崇められている。
創始:明王院の鎮守で貞観元(859年)相応和尚の創立と伝えられている。
葛川谷の一宮。


問い合わせ:大津市役所葛川支所
📞077-599-2001

境内には、拝殿、弊殿、本殿の三棟が一直線に並んでいる。

弊殿・本殿は室町時代の建築(重要文化財)。

本殿・・・文亀2(1502)年に建てられた滋賀県内で唯一の三間社春日造。大津には珍しい建物。

    ※春日造・・・妻入りの切妻造で、反り上がった屋根(照り屋根)、向拝付きといった特徴をもつ様式。

     前面の蟇股(かえるまた)といわれる部分には、牡丹・唐草・笹竜胆(ささりんどう)・蓮など12種類ものデザインの彫刻がなされ、左右対称という非常に凝ったものに仕上げられている。

弊殿(へいでん)・・・文亀2(1502)年に建てられ、重要文化財。

アクセス

・JR湖西線:堅田駅下車 ⇒ バス40分 坊村

・車:湖西道路真野ICから約30分

駐車場 普通車40台 大型車10台

神社#葛川

Posted by 福郎